teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:83/225 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

THE BOTS - CHRONICLES VOL.2

 投稿者:THE BOTS STAFF  投稿日:2010年 4月 1日(木)23時55分34秒
  通報
  管理人様、告知失礼致します。

THE BOTS NEW ALBUM,4月28日発売です!!!

THE BOTS - CHRONICLES VOL.2
http://www.timebomb.co.jp/label/thebots.html
「ザ・バッツ」幻のセカンド・アルバム復活!

 大名曲「東京ジャンクタウン」他を含む1983年衝撃のデビュー作で全国のロカビリー/パンク・キッズを感電させ、四半世紀経った今なおクラブヒットを続けているコトでも有名な、ジミー倉田氏率いる大阪伝説のトリオ「ザ・バッツ」。

 2003年奇跡の再結成後は、初代ベーシストの久保氏に替わり、ロッキン・イチロー(ブギウギ・スウィングボーイズ)が加入し活動再開。'09年には(デビュー時にバンドの意向が反映されず不本意な内容だった)ファースト・アルバム収録曲の再録音を中心とした「クロニクルズ Vol.1」を発表。過去のバッツを清算するがごとく斬新なスタイルでの「新生バッツ」をアピールした彼ら。

前作の続編とも言える今作「クロニクルズ Vol.2」。1986年、あのジョニー・サンダースの参加・プロデュースにより、グレン・マトロック(元セックス・ピストルズ)、ジェリー・ノーラン(ニューヨーク・ドールズ~ハートブレイカーズ)等蒼々たるメンバーをバックにロンドンで録音された、ジミー倉田氏のソロ名義デビュー・アルバム収録曲を中心に構成された今作。実は「The BOTS」のセカンド・アルバムとして発表される予定だった幻の未発表曲が満載!さらには前作同様に自らの "ルーツミュージック" と断言する C & W(カントリー&ウェスタン)界大御所ハンク・ウィリアムス他の5曲、そしてエディ・コクランの激レア未発表曲のカヴァを加えた正にジミー倉田氏の集大成的内容の特濃作!
 流行に流されずこの道一筋にR&Rを追求し続ける職人トリオの刃物の様なサウンドは、低迷するロカビリー界に「喝」をいれているようでもあります。

ありがとうございました。

http://www.myspace.com/thebotsrocksandrolls

 
 
》記事一覧表示

新着順:83/225 《前のページ | 次のページ》
/225